名鉄ミュースカイの格安チケットの買い方、予約法。名鉄特急の特別車に割引で乗る

2014年01月09日 07:21

 広告


名古屋鉄道を代表する特急列車が「ミュースカイ」。全席指定の特急で、主に中部国際空港と名古屋や、岐阜など東海エリアの各駅を結びます。また、名鉄の普通の特急にも「一般車」と「特別車」があり、特別車は指定席です。こうした「ミュースカイ」や「特別車」に乗るには、乗車券のほかに特別車両券(ミューチケット)が必要です。

ミュースカイや、名鉄特急の特別車に安く乗れる割引きっぷや格安チケットは、駅ではほとんど販売されていません。しかし、安く乗る買い方はありますので、ご紹介しましょう。

まず、ミューチケットの駅の窓口での定価は全区間定額で350円です。しかし、ミューチケットには回数券があり、金券ショップでばら売りされていますので、これを使うと安く乗車できます。

ミューチケットの回数券には、いつでも使えるタイプと、「時差・土休日」のみ使えるタイプがあります。価格はいつでも使えるタイプが金券ショップで330円程度、時差・土休日タイプが280円程度です。名古屋~中部国際空港をミュースカイで利用する場合は、ミューチケットの回数券を用意しておくといいでしょう。

ミューチケットの回数券を使ったミュースカイの予約法は、回数券を持って駅の窓口に行くだけです。窓口で利用列車が指定されたミューチケットと引き換えます。タッチパネル式自動券売機で引換えることもできます。

また、ミュースカイや名鉄特急に安く乗る方法としては、名古屋鉄道の株主優待乗車証(株主優待券)を利用する方法もあります。株主優待券は名古屋鉄道全線に乗車できます。名古屋鉄道の株主優待券は、金券ショップかヤフオクなどで販売されています。金券店での相場は900円程度です。

株主優待券だけでは、特別車に乗ることはできません。特別車に乗る場合は、別途ミューチケットが必要です。ミューチケットは上記の回数券のばら売りを購入すると安く乗ることができます。

株主優待券とミューチケットの両方を金券ショップで購入した場合、名鉄岐阜~中部国際空港を片道約1,200円で利用できます。正規運賃・料金の値段は1,610円ですので、400円程度お得です。

名鉄名古屋~中部国際空港の場合は、金券ショップで株主優待券を買うよりも駅で普通乗車券を買ったほうが安いので、株主優待券は効果がありません。

このほか、名鉄の回数券には、乗車券の回数券もあります。乗車券の回数券では、「名古屋特割30」の割引率が高く、豊橋、東岡崎、新安城、武豊、一宮、岐阜から名古屋までが格安で乗車できます。

「名古屋特割30」も金券ショップではばら売りされています。金券ショップの販売価格は定価の乗車券より2割程度安いです。名古屋~豊橋間では880円くらいが相場です。ただし、中部国際空港駅への設定はありません。

広告