--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好評のJR東日本パス。2011年秋・冬の発売も検討か?

2011年07月15日 07:12

 広告


JR東日本パスは、すごい売れ行きのようです。前後期合わせた売り上げの目標枚数は24万枚だったのですが、すでに、前期の利用だけで約22万枚に及んだとのこと。

後期は7月3連休を挟むためそれ以上の売り上げとなることが予測され、あわせれば50万枚に及ぶかもしれません。なんと50億円の収入です。

このきっぷのおかげで、JR東日本の特急列車は大混雑。新幹線は超満員の阿鼻叫喚だとか。JRサイバーステーションを見ても、いい時間帯の特急列車は、どれも完売です。

波及効果で、東北地方の宿泊施設も大混雑。とくに青森方面では楽天トラベルで検索しても宿が出てこない場合もあるほどです。

これだけのヒット商品になったのですから、利用者としては秋・冬にも売り出されることを期待したいところ。実際、JR社内では発売の検討もされているようです。発売時期まではわかりませんが、利用者としては9月か10月の連休に絡めてほしいところです。需要の落ち込む12月上旬から中旬との説も。2012年の1~2月もあり得ますね。

いずれにしろ、発売するかどうかも含めてまだ未定で、第2回が終了して売り上げが確定し、さまざまな影響を検証してからになるようです。

ただ、今回は「この夏限りだから売れた」というのも事実なので、次に売り出したら今回ほどの売れ行きにはならないだろう、との醒めた見方も社内にはあるようです。かつての「3連休パス」も、毎年やっているうちに売り上げが落ちてきて廃止につながったようですから、予断は許しません。

一部には「定価で乗ってくれる客を割引運賃客にしてしまう」との危惧も発売前にはあったようです。ですが、この売れ行きを見る限り、新たな需要を喚起したとみていいでしょう。JR東のこの商法、続いてくれれば利用者にはありがたいですね。

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。