ネット旅行会社が被災者応援プラン!

2011年04月04日 08:35

 広告


国内宿泊予約を手がける各ネット旅行会社が、被災者応援プランの紹介に力を入れています。

たとえば、「じゃらんnet」では、被災者の一時避難場所として客室を提供できる宿泊施設を専用ページで紹介しています。提供宿泊プラン料金は1泊1人あたり1000円~3000円程度と格安。被災者のほか、救援活動の従事者も利用できます。

「楽天トラベル」では、3月25日から宿泊1件につき義援金100円を募金できる宿泊プランの紹介を始めています。企画専用ページで紹介されている施設への予約、宿泊1件に付き100円を同社を通して義援金として贈ります。

「一休」では、3月16日から3月31日の期間の売り上げの一部を、日本赤十字社を通し、義援金として被災地へ寄付しています。

被災者の方も、被災者以外の方も、こうした支援を利用して復興の一助となるといいですね。

広告



関連記事