--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根フリーパスの料金と値段、2014年版。小田急、西武、相鉄線から利用可能。別料金でロマンスカーにも乗れる!

2014年04月29日 22:42

 広告


箱根フリーパスは、箱根エリアの交通機関が乗り放題になるチケットです。箱根登山鉄道も海賊船もケーブルカーも路線バスも乗り放題。さらに小田急線などの往復の乗車券もセットになっていて、とてもお得なチケットです。ロマンスカーの料金は含まれていませんが、特急券を買えば乗車できます。

小田急の「箱根フリーパス」には、2日間用と3日間用の2種類があります。発地は小田急線と西武線、相鉄線の各駅に設定されています。それぞれの値段・料金は以下の通りです。()内は子供の値段です。

箱根フリーパスのねだん
小田急線発
発地 2日間用/3日間用
新宿・下北沢発 5,140円(1,500円)/5,640円(1,750円)
町田発 4,820円(1,420円)/5,320円(1,670円)
海老名発 4,640円(1,320円)/5,140円(1,570円)

西武線発(西武新宿駅経由)
発地 2日間用/3日間用
上石神井発 5,540円(1,700円)/6,040円(1,950円)
所沢発 5,740円(1,820円)/6,240円(2,070円)
本川越発 5,940円(1,900円)/6,440円(2,150円)

相鉄線発(海老名駅経由)
発地 2日間用/3日間用
横浜発 5,200円(1,610円)/5,700円(1,860円)
二俣川発 5,060円(1,540円)/5,560円(1,790円)
いずみ中央発 5,220円(1,610円)/5,720円(1,860円)

ご覧のように、こども料金が抑えてあるので、家族旅行に向いています。子供連れなら元を取るのが容易なチケットといえます。

箱根フリーパスのフリーエリア
箱根フリーパスのフリーエリア

箱根フリーパスの主な特徴
・箱根登山鉄道や箱根登山バス(指定区間内)、ケーブルカーやロープウェイなど、8つの乗り物が乗り放題。
・小田急線(発駅~小田原まで)の往復きっぷが付いています。小田急線内の途中下車は可能です。
・箱根周辺の温泉や観光施設など、50以上の施設が優待・割引料金になります。
・特急ロマンスカーは別途料金が必要です。
・定期観光バスには乗車できません。

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。