--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特急「かもめ」、「みどり」に格安で乗る方法。「2枚きっぷ」が王道の割引きっぷで、「九州ネット早特」もお得。

2014年02月07日 07:59

 広告


博多~長崎を結ぶ列車が、JR九州の特急「かもめ」、博多~佐世保を結ぶ列車が「みどり」です。特急「かもめ」「みどり」に格安で乗る方法を解説していきましょう。
参考までに大人1名が通常期に特急「かもめ」の普通車指定席で博多~長崎に乗車する場合の運賃・料金は片道4,580円(往復9,160円)です

2枚きっぷ
「2枚きっぷ」きっぷは乗車券と特急券がセットになっている2枚綴りの割引きっぷです。往復で使えますが、同じ方向に片道ずつ2回使っても構いませんし、2人で同時に片道利用することもできます。

価格は激安で、博多(福岡市内)~長崎まで2枚6000円。片道あたり3000円です。博多(福岡市内)~佐世保まで2枚4500円。片道あたり2250円です。博多~佐賀間にも2枚2200円(自由席のみ)で設定があります。2枚きっぷはとても使いやすい格安チケットです。

4枚きっぷ
「4枚きっぷ」きっぷは「2枚きっぷ」と同様、乗車券と特急券がセットになっていて、4枚綴りです。2人で往復利用するのが一般的ですが、同じ方向に片道ずつ4回使ってもいいですし、1人が2往復するのにも使えます。

博多(福岡市内)~長崎までの価格は4枚10,000円と、2枚きっぷよりさらに格安。片道1回あたり2,500円です。博多(福岡市内)~佐世保なら価格は4枚8,000円です。博多~佐賀間にも4枚4,000円(自由席のみ)で設定があります。

九州ネットきっぷ
「九州ネットきっぷ」は、「JR九州インターネット列車予約サービス」で利用できるネット限定の格安チケットです。乗車券と特急券がセットになっています。

価格は「2枚きっぷ」の1枚あたりと同じで、博多~長崎が片道3000円、博多~佐世保が2250円です。きっぷの受け取りは、JR九州の各駅で、当日まで行えます。

長崎本線の途中駅までの設定もあります。博多~佐賀、肥前山口、肥前鹿島、諫早などへの設定があります。「2枚きっぷ」は途中駅までの設定が少ないので、途中駅を利用する場合は「九州ネットきっぷ」の価値は高いでしょう。

九州ネット早特3
「九州ネット早特3」は、「九州ネットきっぷ」の早割版で、さらに安く特急「かもめ」「みどり」に乗ることができます。「九州ネット早特3」も、「JR九州インターネット列車予約サービス」で利用できるネット限定の格安チケットです。乗車券と特急券がセットになっています。購入期限は乗車日の3日前(23:00)までです。

価格は博多~長崎が2500円、博多~佐世保が2000円です。価格的には「4枚きっぷ」と同水準です。「かもめ」「みどり」関連では博多~長崎、佐世保のみの設定で、長崎本線の途中駅までの設定はありません。

金券ショップで買う
金券ショップでも「かもめ」「みどり」の格安チケットを販売しています。これは「10枚きっぷ」のばら売りで、乗車券と特急券がセットになっているものです。

博多~長崎間の金券ショップでの相場は2500円程度、博多~佐世保は2000円程度です。「4枚きっぷ」や「九州ネット早特3」とほぼ同水準です。使用のルールは「2枚きっぷ」と同じです。

長崎・佐世保往復割引きっぷ
京阪神から山陽新幹線と「かもめ」「みどり」を乗り継いで長崎・佐世保方面に向かう場合は、「長崎・佐世保往復割引きっぷ」という格安チケットがあります。佐賀方面に向かう場合は「佐賀往復割引きっぷ」があります。その逆方向の同様の割引きっぷはありません。

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。