--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「松山・広島割引きっぷ」のフリー区間と往復ルート、利用期間

2014年02月04日 08:15

 広告


「松山・広島割引きっぷ」がJR西日本より新発売されました。これは、瀬戸内海の広島・愛媛県エリアで開催される広域連携イベント「瀬戸内しまのわ2014」にあわせ、JR四国・瀬戸内海汽船・石崎汽船と連携したフリーきっぷです。

「松山・広島割引きっぷ」は、京阪神地区から広島エリアに立ち寄って松山エリアを訪ねる旅行者向けの割引チケットです。目的地は松山エリアです。京阪神~山陽新幹線「のぞみ」~広島~呉線~呉(呉港)~高速船スーパージェット(瀬戸内海汽船・石崎汽船)~松山観光港(松山)の「経路1」と、松山~特急「しおかぜ」~岡山~山陽新幹線~京阪神の「経路2」を組み合わせた往復ルートを使います。

フリー区間(自由周遊区間)も設定されていて、広島エリアでは呉線・山陽本線の呉~海田市~広島~宮島口~岩国間、松山エリアでは予讃線・内子線の三津浜~松山~向井原~伊予大洲間(向井原~伊予大洲間は山側・海側両区間)が、普通列車に限り乗り放題となります。

広島・松山フリーきっぷ

「経路1」「経路2」は逆方向でも利用できます。ただし、「経路1」の往復、または「経路2」の往復では利用できません。

「経路1」の利用列車は限定されていて、京阪神~広島間において、下り「のぞみ95・105・109・113号」か上り「のぞみ126・130・136・96号」の座席指定を受けなければなりません。「経路2」は特急「しおかぜ」と山陽新幹線の普通車指定席が利用可能で、山陽新幹線では「のぞみ」「みずほ」など全ての列車が利用できます。

発売額(大人)は大阪市内発着が1万4000円、京都市内発着が1万4500円、神戸や姫路などを含む神姫ゾーン発着が1万3500円。新大阪~「のぞみ」~岡山~特急「しおかぜ」~松山の乗り継ぎパターンで往復すると、通常の運賃・料金では普通車指定席(通常期)の利用で2万2140円、普通車自由席の利用でも2万200円ですから、「広島・松山割引きっぷ」の方が約6000~8000円安くなります。

利用期間と発売期間は以下の通りです。

■利用期間
 2014年3月21日~10月26日(10月24日利用開始分)までの連続する3日間
■発売期間
 2014年2月21日~10月23日。
 利用開始日の1カ月前から前日まで発売されます。

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。