--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近鉄特急に格安で乗る方法。「しまかぜ」も乗れる格安チケットはコレ!

2014年01月10日 09:45

 広告


近鉄特急は、大阪・名古屋間を快適に旅するのに便利な列車です。また、大阪・京都・名古屋から伊勢志摩、奈良・飛鳥・吉野などへも向かうことが可能。最近は新型車両「しまかぜ」なども投入されました。

ここでは、大阪~名古屋の名阪特急と、伊勢志摩方面に向かう特急を中心に、近鉄特急に安く乗る方法を伝授しましょう。それ以外の区間でも安く乗る方法はほぼ同じです。

株主優待券と特急券を組み合わせる
近鉄特急に安く乗る方法のうち、定番は、近鉄の株主優待乗車証(株主優待券)を使うこと。株主優待券は近鉄全線に乗車できますので、これ1枚で名阪間を移動できますし、大阪から伊勢・志摩へ行くこともできます。「しまかぜ」の格安チケットかわりにもなります。

近鉄の株主優待券は、近鉄の株主に配布されます。株主でない方は、金券ショップかヤフオクなどで手に入れましょう。金券店での相場は1200円~1500円程度です。大阪~名古屋間や、大阪~伊勢・志摩、名古屋~奈良・飛鳥へ行くにはお得です。ただし、名古屋~伊勢・志摩は微妙。鳥羽まで行けば株主優待券のほうが安いことが多いですが、名古屋~伊勢市や宇治山田までだと、駅の窓口普通乗車券を買っても価格はほとんど変わりません。

株主優待券だけでは特急には乗れませんので、別途特急券を買う必要があります。駅の窓口で通常価格で買いましょう。「株主優待券+特急券」が近鉄特急に安く乗る王道の方法です。

「近鉄名阪まる得きっぷ」
「名阪特急」に安く乗るのに最適の格安チケットが「近鉄名阪まる得きっぷ」です。

「近鉄名阪まる得きっぷ」は、大阪難波・大阪上本町・鶴橋の各駅~近鉄名古屋駅間の乗車券と特急券がいっしょになった割引きっぷです。いわゆる回数券で、5枚つづりと10枚つづりがあります。駅の窓口で1枚ずつ購入することはできませんが、金券ショップに行けばばら売りされています。

「近鉄名阪まる得きっぷ」には、レギュラーシート用とデラックスシート用があります。レギュラーシートの相場は片道3300円~3500円程度です。この価格で、近鉄特急で大阪~名古屋間を片道特急利用できます。利用方法は、乗車前に、近鉄の駅の特急券うりばで座席の指定を受けてから改札を通るだけです。

「伊勢神宮参拝きっぷ」
「伊勢神宮参拝きっぷ」は、伊勢神宮の式年遷宮を記念して発売された期間限定の割引きっぷです。大阪、京都、奈良、名古屋などから伊勢方面への、特急券付きの往復割引きっぷです。(特急券なし版もあります)。大阪、京都、奈良から6200円、名古屋から5500円の設定です。

伊勢神宮(宇治山田)までの単純往復の場合は、ほとんど割引になりません。しかし、松坂から賢島間の近鉄電車や三重交通バスにも乗り放題ですので、現地で少しでも観光をするならお得です。

「まわりゃんせ」
「まわりゃんせ」の正式名称は「伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート“まわりゃんせ”」といいます。。伊勢志摩方面を周遊観光をするなら、かなりお得な格安チケットです。往復の特急料金も含めて大阪、京都、名古屋のどの駅からも9500円です。単純に近鉄特急に乗るだけならお得ではありません。

「伊勢・鳥羽2dayフリーきっぷ」
近鉄各駅から近鉄電車往復乗車券と近鉄電車(伊勢市~鳥羽)・三重交通バスなどの乗り放題が付いた2日間有効のフリーきっぷです。特急料金は含まれていません。現地での観光スポットの料金が含まれていないフリー乗車券です。近鉄特急に乗って単純往復するだけならお得ではありません。

「奈良世界遺産フリーきっぷ」
近鉄電車往復乗車券とフリー区間内の近鉄電車・奈良交通バスの乗り放題が付いたフリーきっぷです。「奈良・斑鳩・吉野コース」「奈良・斑鳩コース」「奈良コース」の3タイプがあります。いずれのタイプでも、特急料金は含まれていません。現地での観光スポットの料金が含まれていないフリー乗車券です。近鉄特急に乗るだけならお得ではありませんが、現地で観光するならお得です。新幹線で京都に着き、奈良方面の観光をする人にはおすすめのきっぷです。

その他の割引きっぷ
近鉄には多数の割引きっぷがあります。全ては紹介しきれませんが、近鉄のウェブサイトで確認してみてください。ただし、観光目的なら割安なきっぷは多いですが、単に特急電車に乗るだけの割引きっぷは他にありません。

近畿日本鉄道 観光特急50000系 しまかぜ のすべて [DVD]

広告

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。