--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道へ安く行く方法まとめ。格安航空券からJRの割引きっぷ、フェリーまで

2013年11月03日 06:50

 広告


北海道へ安く行く方法を考えてみましょう。東京、大阪をはじめとした日本全国から北海道へ格安の旅をする方法は、いくつかあります。

・LCCを利用する

格安航空会社LCCを利用すれば、もっとも安く北海道へ行けます。北海道へのLCCには、ピーチ、ジェットスター、バニラエアがあります。これらの会社は、成田空港か関西空港から便があり、片道5000円程度で本州から北海道へ行けます。バーゲンを利用すると、形道2000円程度で行けてしまうことも! 

・スカイマーク、エアドゥを利用する

スカイマークやエアドゥもチケットの安い会社です。羽田、成田、神戸、関西、中部などから便があり、片道10000円程度からの価格設定です。

・JALやANAの早期割引「旅割」「先得」などを利用する

JALやANAといった大手航空会社でも、28日前だとか、55日前だとか、ずいぶん前にチケットを買えば安く北海道へ行けます。こうした早期購入割引のチケットを「旅割」(ANA)や「先得」(JAL)などといいます。時期にもよりますが、片道13000円程度からで北海道へ行くことができます。

・大手航空会社の「株主優待券」を使う

JALとANAでは、株主優待券を発行していて、普通運賃の半額で飛行機に乗ることができます。ネットや金券ショップで5000円 ~8000円程度が相場です。それと合わせて、実質片道30000円程度で北海道へ行くことができます。

・ホテルパックのツアーを使う

JTBやHISなどの旅行会社が提供するホテルパックを利用すると、通常期なら日本各地から往復3万円~5万円程度で探せます。

・ダイナミックパッケージを使う

楽天トラベルやじゃらんnetなどの宿泊予約サイトで、航空券とホテルをセットで予約すると、格安になります。日本各地から3万円~6万円程度で探せます。

・JRの「北海道全線フリーきっぷ」「みなみ北海道フリーきっぷ」を使う

新幹線+在来線特急を乗り継いで北海道に行くこともできます。このとき、「北海道全線フリーきっぷ」「みなみ北海道フリーきっぷ」を使うと価格は安くなります。往復3万円程度で行くことができます。

・青春18きっぷで行く

青春18きっぷを使えば、1日あたり2300円でJR線が乗り放題。でも、青春18きっぷで北海道へ行くのは困難。東北・北海道方面のJRは、盛岡~青森間で別会社になっていますので、その区間では青春18きっぷは使えません。方法がないわけではありませんが、とても大回りになり、現実的ではありません。

・北海道・東日本パスで行く

「北海道・東日本パス」は、JR北海道とJR東日本の普通列車が乗り放題。関東地方から北海道へは、東北本線を乗り継いで青森に着き、そこから急行「はまなす」号に乗ると、だいたい24時間で札幌に着くことができます。往復1万円です。

・フェリーで行く

船で北海道へ行くこともできます。現在、新日本海フェリーが舞鶴、敦賀、新潟、秋田と北海道を結んでおり、商船三井フェリーが大洗と苫小牧を結んでいます。港までのバス代を含めて、東京や大阪からおおむね片道10000円程度で北海道に行けます。

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。