--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武スペーシアに格安で乗る方法

2013年08月10日 08:50

 広告


東京から日光・鬼怒川方面への特急が東武鉄道のスペーシアです。鬼怒川温泉行きの「きぬ」と東武日光行きの「けごん」があります。

正規料金・運賃は、浅草~鬼怒川温泉で乗車券1,500円+特急券1,400円(土休日)で合計2,900円。これを格安で乗る方法をご紹介します。

まず、東武特急スペーシアには割引きっぷはありません。割引が設定されているのは、平日(土休日より100円引)と、午後割(午後の特定列車が土休日より400円引き)くらいです。ですので、駅の窓口では格安チケットは購入できません。

株主優待券を利用する

東武特急スペーシアに格安で乗る方法は、東武鉄道の株主優待乗車証(株主優待券)を利用することです。株主優待券は東武鉄道全線に乗車できますので、これ1枚で浅草・北千住から日光・鬼怒川温泉まで乗車できます。

東武鉄道の株主優待券は、金券ショップなどで手に入れることができます。金券ショップでの相場は600円~700円程度です。浅草から鬼怒川温泉までの乗車券の正規運賃の値段は1,500円ですので、800円~900円もお得になります。半額以下ですね。

ただし、株主優待券だけではスペーシアには乗れません。別途特急券が必要です。

株主優待券を利用した場合の、東武特急スペーシアの価格を以下に示します。

 ▼株主優待券600円+特急券1,400円
           =合計2,000円(浅草~東武日光・鬼怒川温泉が同額)

浅草~鬼怒川温泉間の正規運賃・料金に比べると900円お得。また、浅草~東武日光間の正規運賃・料金に比べると720円お得。総額でに2~3割引程度になりますので、格安といっていいでしょう。

「まるごと東武フリーパス」を利用する

さらに日光・鬼怒川エリアを観光するのなら、「まるごと東武フリーパス」を利用する方法もあります。

「まるごと東武フリーパス」は、日光・鬼怒川エリアの鉄道、バスが乗り放題になったフリーきっぷです。往復の東武線の運賃も含まれますが、特急券は別に購入しないといけません。

「まるごと東武フリーパス」には、日光エリアだけの「まるごと日光東武フリーパス」、鬼怒川エリアだけの「まるごと鬼怒川東武フリーパス」、日光・鬼怒川エリア全体の「まるごと日光・鬼怒川東武フリーパス」があります。特急券を別に購入しないといけないのは、どれも同じです。

これらのフリーパスは、現地でバスに乗る機会があるのなら、格安旅行のツールになるでしょう。バスに乗る機会が多いなら、こうしたフリーパスを利用した方が、株主優待券を利用するより安く旅行ができます。

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。