--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名松線・家城駅~伊勢奥津駅間の復旧工事開始。2015年度に運行再開へ。鉄道旅行者には朗報!

2013年05月16日 22:18

 広告


JR東海は、2013年5月30日から名松線の家城駅~伊勢奥津間の復旧工事に着手すると発表しました。

名松線は松阪駅~伊勢奥津駅間を結んでおり、2009年10月の台風18号による災害で線路設備に大きな被害を受けましたた。被害の大きかった家城駅~伊勢奥津駅間は現在も不通で、バス代行輸送が行われています。JR東海は、一時期、廃止の方向を示唆しました。

しかし、治山事業・水路整備事業を三重県と津市が実施することを前提に、JR東海が鉄道の復旧を行うことを2011年に確認、復旧へ受け動き出しました。JR東海は、これまで、治山事業・水路整備事業の進捗に合わせて鉄道復旧工事に着手できるよう、被災箇所の定期的な巡回などを行ってきました。

そして、鉄道の復旧の前提となる三重県・津市による治山事業・水路整備事業が順調に進捗していることから、効率的に作業を進めるため、名松線の復旧工事に着手するものです。

工事内容は、家城駅~伊勢奥津駅間での土砂撤去、盛土復旧、線路・電気設備の復旧です。復旧工事完了は、三重県・津市の治山事業・水路整備事業の完了と同時期になる予定で、2015年度内になります。運行再開も2015年度中になるようです。

鉄道旅行者にとっては喜ばしいニュースですね。運行再開時にはお得な記念フリー乗車券なども発売されるかもしれません。

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。