--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線に格安で乗る方法 (山陽新幹線編)

2014年08月01日 06:00

 広告


山陽新幹線は、東海道新幹線に較べれば乗客も少なく、航空機との競争も激しくなっています。したがって、東海道新幹線よりも有利な割引きっぷが販売されています。

「バリ得こだま」
「バリ得こだま」は、日本旅行が販売している旅行商品で、山陽新幹線「こだま」号の限定列車だけを利用できます。価格は、通常の運賃・料金のほぼ半額で、山陽新幹線を利用するのに最も安いチケットです。。山陽新幹線の「こだま」号の指定席は2×2シートですから、グリーン車並みのシート幅で快適です。

値段は、以下の通りです。

新大阪-博多:7,700円
新大阪-小倉:7,100円
新神戸-博多:7,500円
新神戸-小倉:6,900円
西明石-博多:7,300円
西明石-小倉:6,700円
姫路-博多:7,100円
姫路-小倉:6,500円
(300円分のキヨスククーポンつき)

「バリ得こだま」は、旅行代理店の「ツアー」です。つまり、JRの「切符」ではありません。そのため、以下のような制約があります。

・前日までに日本旅行などで購入しなければならない。(駅のみどりの窓口では買えない)
・関西エリアでしか買えない。
・列車変更、座席変更などは不可。乗り遅れた場合は無効。
・大阪、神戸、北九州、福岡市内の在来線には乗れない。

たとえば、普通のJRのきっぷなら、大阪駅やからJR京都線で新大阪に行き、新大阪に乗り継ぐことができますが、「バリ得こだま」では、「大阪-新大阪」は別にきっぷを買わなければなりません。普通のきっぷなら、乗り遅れても当日の後続列車の自由席に乗れますが、「バリ得こだま」では不可です。

なお、バリ得こだまは関西エリアの日本旅行でしか買えませんが、似たきっぷとして近畿日本ツーリスト「気ままにこだま」 があり、これは逆に九州北部地区でしか買えません。福岡・北九州エリアでこの種のきっぷを買いたい方は、近畿日本ツーリストで「気ままにこだま」を買いましょう。

山陽新幹線「こだま指定席往復きっぷ」
「こだま指定席往復きっぷ」は、「こだま」と一部「ひかり」の普通車指定席を利用して往復できます。往復の有効期間は7日間もあるので、普通の旅なら問題なく使えます。

新大阪・岡山往復が7,200円(通常12,040円)、新大阪・広島が12,860円(通常20,460円)と、40%以上の割引になっています。

ただし、このきっぷには重大な問題点があります。それは「2人以上でないと発売しない」という点です。一人旅には使えませんので、ご注意を。

なお、子供はどの区間も一律で往復3,000円に設定されています。親子連れ旅なら非常に激安です。

70円で飛行機に乗る方法

新幹線北九州・福岡割引きっぷ
京都・新大阪・新神戸~小倉・博多に設定されている割引きっぷ。「のぞみ」号も含めた全ての列車の指定席に乗車できます。新大阪~博多が往復26,940円で、正規料金に較べると約12%の割引です。北九州・福岡発の場合は、「新幹線神戸・大阪・京都割引きっぷ」の名称になります。

スーパー早特きっぷ
JR西日本のインターネット予約「e5489」専用の格安チケットです。新大阪・新神戸~小倉・博多間、新大阪・新神戸~熊本間、新大阪・新神戸~鹿児島中央間、新大阪・新神戸~長崎間が割引になります。新大阪・新神戸~小倉・博多が片道10,290円で、最安値といっていい価格。他のエリアも含めて、最大で約35%安くなります。「J-WESTネット会員登録」(無料)をする必要があります。九州エリアからは、JR九州のインターネット予約サービスでも利用可能です。

【運賃例】
・新大阪・新神戸-小倉・博多10,290円
・新大阪・新神戸-熊本12,860円
・新大阪・新神戸-鹿児島中央14,400円
この他にも、長崎、大分への設定もあります。

のぞみ早特往復きっぷ
中国地方や福岡から東京方面に行くときに使うと便利な格安チケットが、「のぞみ早特往復きっぷ」です。岡山以西の山陽新幹線沿線から、東京・横浜を往復する場合に大幅に割引があります。たとえば、博多-東京は往復34,970円。正規の往復割引運賃が43,120円ですから、なんと22%の割引です。飛行機の早割などと比べても割安感がありますね。

・「ゆき」、「かえり」を任意の「のぞみ号」の普通車指定席を利用して往復できます。
・乗車日の21日前~1週間前まで発売
・東京、横浜発はありません。山陽新幹線各駅からの設定です。

【運賃例】
・岡山-東京28,800円(往復)
・広島-東京31,890円(往復)
・福岡-東京34,970円(往復)
この他にも、新幹線各駅から設定があります。

新幹線に格安で乗る方法(東海道新幹線編)
新幹線に格安で乗る方法(山陽新幹線編)
新幹線に格安で乗る方法(東北・上越・長野・秋田・山形新幹線編)

広告


関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。