--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道&東日本パス 2014 基礎知識

2014年01月11日 22:31

 広告


世間では青春18きっぷばかりが取り上げられていますが、じつは、青春18きっぷよりもお得な切符があります。それが、「北海道&東日本パス」です。

これは、2010年に画期的な改正が加えられ、とても便利になりました。

北海道&東日本パスの基礎知識
北海道&東日本パスは、青春18きっぷと似た割引乗車券です。春・夏・冬に限定発売されます。青春18きっぷとの大きな違いは、範囲がJR北海道とJR東日本に限定されること、連続して使わなければならないことです。値段は1万円で、青春18きっぷより安く、有効期間は7日間と、青春18きっぷより2日長いです。すなわち、一日あたり1429円で、JR北海道・東日本が乗り放題なのです。その他にも、青春18きっぷとは違う特徴がありますので、おもな利用条件をまとめてみましょう。

・1枚10000円。
・連続した7日間有効。
・JR東日本、JR北海道の普通列車(快速含む)が乗り降り自由。
・それ以外にも、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、北越急行、富士急行の普通列車が乗り降り自由。
・普通列車が運行していない区間(津軽海峡線、石勝線の一部)のみ特急に乗車可能。
・急行は急行料金を払えば乗車可。
・特急(新幹線含む)は特急料金を払っても乗車不可。ただし、「青森~函館」間内相互発着の場合に限り、別に特急料金を払えば特急乗車可。
・グリーン車は、普通列車(快速含む)の自由席に限り、グリーン券を別に購入すれば乗車可。
・1枚のきっぷを複数人で利用することはできない。
・こども用あり(5000円)。
・列車の運休や遅れによる払戻しはしない。

青い森鉄道、IGR鉄道、北越急行という第三セクター線のほか、富士急行にも乗れるのが特徴です。。

次の項では、「北海道&東日本パス利用で、格安北海道旅行」の方法をお教えします。

北海道&東日本パス 基礎知識

北海道&東日本パスを利用して格安北海道旅行

北海道&東日本パス 2014年の発売・利用期間

お得なパスを利用して、旅に出かけてみましょう。

広告

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。