--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周遊きっぷの最終利用開始日は「ゾーン券」が3月31日。「使い納め」なら早めの購入を。

2013年02月20日 10:27

 広告


「周遊きっぷ」がついに発売終了になります。周遊ゾーンの最終利用開始日は2013年3月31日です。

「周遊きっぷ」は国鉄時代から続いた周遊券を前身とした乗車券で、1998年4月1日に現在の「周遊きっぷ」になりました。「ゾーン券」「ゆき券」「かえり券」がセットとなったきっぷです。今さら新しくこのきっぷを使う人も少ないでしょうから、使い方の詳細は省略します。周遊券時代はあり得ないほどの激安価格で北海道や九州の鉄道を乗り倒すことができたという伝説のきっぷでした。

ここ数年、販売されるゾーンの縮小が続き、昨年4月に計19の周遊ゾーンが販売終了。「北海道ゾーン」「東京ゾーン」「京阪神ゾーン」「四国ゾーン」「九州ゾーン」など計13の周遊ゾーンだけが残されていましが、それも今回で終了です。1955年の周遊券制度発足以来、58年続いた伝統のきっぷは姿を消します。

周遊きっぷの最終利用開始日は3月31日ですが、鉄道ファンのなかにはこの日のきっぷで最後の旅を楽しもうと考えている人も多い様子。発券に手間のかかるきっぷですので、購入は早めに済ませておきましょう。

なお、周遊きっぷの有効日数は、「ゆき券」と「かえり券」の乗車券の有効期間と「ゾーン券」の有効期間5日間を足したのものなので、「ゆき」と「かえり」を長くとれば、合計で30日程度の有効期間を設定することは可能です。

ただし、今回は「ゾーン券」の最終利用開始日が3月31日ですので、4月4日を以て周遊ゾーンの利用は終了です。どう知恵を働かせても、ゴールンデンウィークの利用はできないようです。

広告

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。