--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアドゥ(AIRDO)が、国際線へ進出。北海道からソウル、台北へ国際チャーター便を設定へ。

2013年02月11日 08:48

 広告


エアドゥ(AIRDO)が、国際線へ進出します。最初の路線の発地は新千歳または帯広で、目的地はソウルか台北になりそうです。

エアドゥは、北海道を拠点とする地域航空会社。格安航空会社LCCとは異なりますが、大手航空会社よりも安い価格で国内線を運航しています。社名はもともと「北海道国際航空」だったこともあり、国際線への進出は悲願。それが今回ようやく実現しそうです。

最初の国際線はチャーター便で、今年11月頃の運航を予定しています。この時期は北海道観光の端境期となることから機材繰りにも余裕があります。エアドゥは海外では知名度不足なため、まずは道内客の韓国・台湾観光を主眼とする様子。機材はボーイング737―700機(座席数144席)を予定していて、小さめの機材で道内客を運ぶという手堅い商売に徹するようです。需要が大きければ、2014年以降に国際チャーター便を増やし、将来的には国際定期便参入を目指していると思われます。

出発地の候補に帯広が挙がっているのは、帯広からはソウルや台北への定期便がなく、競合がないためです。ただ、集客が厳しければ、市場の大きい新千歳発になると思われます。

北海道へは台湾からの観光客が激増していますし、札幌を中心とした国際線には一定の需要は見込めます。ぜひ成功してほしいものです。

広告

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。