--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーチ航空が仙台に4月就航、新石垣は6月就航へ。2013年夏ダイヤが判明。長崎、鹿児島便は実質減便、関西空港6時発の便は消滅。

2013年01月21日 06:53

 広告


格安航空会社LCCのピーチ航空(ピーチ・アビエーション)が関西-仙台線と関西-新石垣線、那覇-新石垣線を相次いで就航させることがわかりました。関西-仙台線は2013年4月12日就航予定、関西-新石垣線は2013年6月14日就航予定、那覇-新石垣線は9月13日就航予定です。

これらのうちもっとも早く就航する仙台線は、1日2往復でスタート。機材が増える9月には1日3往復に増便します。4月ダイヤでは、関西発が7時台、18時台の2便、仙台発が9時台、20時台の2便になるようです。関西-新石垣線と那覇-新石垣線は、それぞれ1日1往復でのスタートになります。

その他、ピーチ航空の2013年夏ダイヤのポイントは以下の通りです。

・関西-新千歳線は5往復から、閑散期の平日は3往復に減便。初便と最終便が運休します。週末の5往復体制は維持します。
・関西-福岡線は2月以降の4往復体制を維持します。繁忙期は5往復に増便です。
・関西-長崎線は8月を除き1日1往復に減便。早朝便がなくなります。
・関西-鹿児島線は現在3往復が春休みのみ4往復に増便、4月以降は土曜日と繁忙期以外は2往復に減便します。初便がなくなります。
・関西-那覇線は2月に3往復体制になりますが、4月から6月までの閑散期は土曜日を除き初便がなくなり2往復になります。石垣線就航の6月14日から3往復に戻り、夏休み期間は4往復に増便します。

全体的に、曜日や時期によって運休する便が多くなりました。これまでのシンプルなダイヤから、利用動向に応じて採算の取れない便を運休するダイヤに変更したようです。ただ、利用者とすれば時刻表がわかりにくくなっています。

また、このダイヤから、関西空港を6時台に出発する便がなくなり、すべて午前7時以降の出発になります。これは、関西空港でLCC専用ターミナル利用開始後、南海電車の難波からの始発電車で6時台の便に乗るのが難しくなったからと思われます。午前7時以降発となると、南海電車の難波発始発列車で十分間に合うタイミングです。

詳細な時刻表は、近く当サイトで掲載する予定です。

広告

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。