--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GALA湯沢に安く行く方法2013年版。JRオススメの「えきねっと」の「トクだ値」は本当に安いのか?

2013年01月20日 17:28

 広告


2013年シーズンのGALA湯沢スキー場は、「GALA日帰りきっぷ」がなくなってしまい、「思いったらガーラ」が不便になりました。ただ、JRは代わりに「えきねっとトクだ値」や「お先にトクだ値」のガーラ湯沢行きを設定。前もって購入すれば、かなり安く行けるようになりました。これらは、どのくらい安いのでしょうか。ここでは、「えきねっと」を使ったガーラ湯沢激安スキー・スノボ直行法をご紹介します。ちなみに、「えきねっと」はJR東日本の会員制ウェブサービスですが、誰でも無料で会員になれます。

さて、「えきねっとトクだ値」は出発前日(正確には出発当日午前1時40分)まで購入できる新幹線の割引きっぷで、20%の割引です。さらに出発日より2週間前(正確には出発日より13日前の午前1時40分)前までなら「お先にトクだ値」という割引きっぷがあり、こちらは40%の割引です。さらに、1月中は期間限定で「お先にトクだ値スペシャル」という特別割引が設定されていて、これは2週間前の購入で50%引きになります。

具体的に、東京-ガーラ湯沢間では以下のようになります(片道)。
通常価格 6,900円
トクだ値 5,510円
お先にトクだ値 4,130円
お先にトクだ値スペシャル 3,440円

えきねっとで新幹線のチケットを購入した場合、今年からガーラ湯沢ではゴンドラ・リフト券が割引される制度ができました。「ゴンドラ・リフト券のえきねっと・モバイルSuica利用者料金」という長い名称です。こんな長い名称だからか、このサービスの存在はあまり知られていないようですが、リフト券とロッカー代(1000円相当)がセットになって、通常価格5,500円のところ、平日が3,500円、土休日が4,200円、春スキー(4月以降)が2,900円となっています。

これを上記の「トクだ値」とセットにして往復すると、平日の場合で以下の通りになります(平日)。
通常価格 6,900円×2+5,500円=19,300円
トクだ値 5,510円×2+3,500円=14,520円
お先にトクだ値 4,130円×2+3,500円=11,760円
お先にトクだ値スペシャル 3,440円×2+3,500円=10,380円

ということでそれなりに安くなるのは事実です。

ただし、GALA湯沢に行く人は、「びゅうプラザ」で販売している旅行商品である「ワンデーGALA」も検討対象に入れるでしょう。それと比較してみますと、「ワンデーGALA」の場合は、往復限定列車利用で火水木はリフト券付き往復8,600円。ロッカー代1000円を足しても9,600円となり、これが最安値です。月金の場合は、ロッカー代を含めて10,800円で、お先にトクだ値スペシャルよりは高くなりますが、それ以外よりは安いです。しかも「ワンデーGALA」にはレンタルの割引もありますので、スキーを借りる人はこちらのほうがいずれにしても安くなりそです。

ということで、ガーラ湯沢に安く行くなら、結局、「びゅう」の「ワンデーGALA」が一番お得、ということになりそうです。ワンデーGALAも、5日前までなら、インターネットで購入できます。

こうして調べてみて思ったのですが、今年から始まった「えきねっとトクだ値」のGALA湯沢駅設定は、いったい誰をターゲットにしたきっぷなのでしょう。不思議でしかたありません。

広告

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。