--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エア・ドゥが札幌-岡山、神戸に参入。神戸線は競争激化で、格安チケットに期待! 全日空は撤退か?

2012年12月24日 08:35

 広告


エア・ドゥが、2013年3月から札幌(新千歳)―岡山線に、同6月から新千歳―神戸線に就航する方針を固めたようです。エア・ドゥは羽田線のほか、東北・北陸方面へ路線を持っていますが、西日本への就航はこれが初めてです。岡山線の就航日は2012年3月31日になる見通しで、羽田-釧路線も同じ日に就航するようです。

札幌ー岡山線、神戸線ともボーイング737-700型機で、座席数は144席。岡山線は1日1往復、神戸線は同2往復になる方向です。

札幌―岡山線は全日空が夏季のみの季節運航をしています。エア・ドゥは事実上全日空傘下にあるため、この路線を全日空からエア・ドゥに移管し、定期路線化したものといえるかもしれません。

札幌―神戸線も全日空が就航していますが、こちらもいずれ全日空が撤退し、エア・ドゥに移管される可能性は高いといえます。

いずれの路線も全日空とコードシェアし、座席の何割かを全日空が買い取ることになりそうです。

札幌-神戸線はスカイマークが就航させている主力路線。そこへエア・ドゥが参入しますので、価格競争は激化しそうです。関西空港ベースのLCCとの競争も激しい区間ですので、格安運賃に期待したいですね。

広告




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。