--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西鉄高速バス「はかた号」が、小倉駅など北九州地区に停車へ。運賃割引キャンペーンも実施中。

2012年11月20日 22:33

 広告


西日本鉄道が運行する夜行高速バス 福岡~東京線「はかた号」が、北九州市内に途中停車することが決まりました。実施は2012年年12月20日のダイヤ改正からです。

西鉄バス「はかた号」といえば、西鉄天神バスセンターと新宿駅西口を結ぶ、日本でも屈指の長距離路線。2階建てのハイグレード車両を使用した豪華路線バスで、「プレミアムシート」「ビジネスシート」「エコノミーシート」の3種類の座席タイプがあります。とくに「プレミアムシート」は、日本の高速バスの最高峰にも位置づけられています。

これまでのダイヤでは、基本的には博多バスターミナルから新宿駅西口までノンストップでしたが、12月のダイヤ改正では、北九州地区の「黒崎 IC(引野口)」「砂津」「小倉駅前」の3バス停に新たに停車することになりました。

ただし、天神~新宿西口間の総所要時間14時間20分は変わりません。途中の経路を中央道から東名道経由に変更し、伊勢湾岸道から東名に抜けるコースを取ることで、北九州立ち寄りの時間の捻出する模様です。

ちなみに、「はかた号」は現在『運賃割引キャンペーン』を実施中。12月19日までの期間限定です。プレミアムシート19,000 円、ビジネスシート15,000 円を約26%~33%割引の価格で提供。さらにエコノミーシートにおいても、期間中は週末運賃を適用せず、通常期運賃(片道運賃:8,000 円)にて利用できます。このキャンペーンは、北九州立ち寄り開始の12月20日以降は適用されません。

これらの施策を見るに付け、どうも「はかた号」の利用率は低迷している様子です。LCCの登場で1万円前後で飛行機で福岡から成田へ行ける時代。高速バスは利用率を高めるために、北九州立ち寄りを決断したのでしょう。応援したいものです。

広告

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。