--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸観光フリーきっぷが2012年12月より通年販売。東海地方発・北陸エリアの特急自由席が乗り放題。でも北陸新幹線開業までの発売か?

2012年11月18日 07:04

 広告


北陸三県のJR線がほぼ乗り放題になる「北陸観光フリーきっぷ」。出発地は名古屋、浜松、静岡のみですが、往復するだけでほぼ元が取れるというお得なきっぷとして知られています。

これまでも期間限定で発売されていましたが、2012年12月利用から通年化されます。

主なルールは2つ。
・往路と復路に「しらさぎ」と「ワイドビューひだ」を1回ずつ利用しなければならない
・フリー区間は特急自由席も乗り放題

たんに北陸方面へ往復したいだけなら、片道「ひだ」を使わなければならない点はやや不自由。しかし、往復の旅のバリエーションを変えると思うなら、悪くないきっぷです。富山からの所要時間は、「ひだ」も「しらさぎ」もそれほど変わりません。また、フリー区間までの途中下車は前途無効ですが、下呂、高山、飛騨古川に限り下車できますので、飛騨高山観光を兼ねるのもいいでしょう。

以下、きっぷの概要です。

北陸観光フリーきっぷ
・名古屋から片道特急「ワイドビューひだ」、片道特急「しらさぎ」を使って往復し、北陸3県を周遊できるきっぷ。
・「ワイドビューひだ」または「しらさぎ」のみの往復利用は不可。
・特急「しらさぎ」号を利用の場合、名古屋・浜松・静岡~米原間は、新幹線「ひかり・こだま」号の普通車指定席も利用可。
・特急「ワイドビューひだ」号を利用の場合、浜松・静岡~名古屋間は、新幹線「ひかり・こだま」号の普通車指定席が利用可。
・フリー区間は、敦賀-黒部間の北陸本線と、分岐するJR支線、高山線富山-猪谷間。
・フリー区間ではJR線の特急列車・急行列車・普通列車の普通車自由席に乗り降り自由。
・フリー区間及び下呂・高山・飛騨古川を除き途中下車は不可。
hokurikufree.gif
○ねだん
名古屋市内発15,000円
浜松発 17,000円
静岡発 18、000円
(いずれも小児半額)

○利用期間
2012年12月1日より通年

○発売期間
2012年11月1日より通年

通年販売、といっても、おそらくは北陸新幹線開業までと思われます。北陸新幹線開業後は、JR北陸線金沢以東が第三セクターに移管されるので、このきっぷも姿を変えるか、きっぷ自体がなくなるでしょう。

広告

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。