--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山陰めぐりパス」は特急も乗れるフリーきっぷ。JR西日本とJR東海で発売!

2012年09月18日 08:53

 広告


山陰デスティネーションキャンペーンにあわせた、お得なきっぷが発売されます。これは「山陰めぐりパス」で、JR西日本とJR東海が期間限定で販売。10月から12月に利用できます。京阪神地方・東海地方から山陰エリアの往復と、山陰エリアでの特急列車自由席乗り降り自由がセットになっています。

■山陰めぐりパスの概要

山陰めぐりパスは「発着地-自由周遊区間の往復」と「自由周遊区間での乗り降り自由」がセットになったフリーきっぷです。

1. 自由周遊区間(山陰エリア)の特急列車・普通列車自由席が乗り降り自由
自由周遊区間に含まれている路線と区間は以下の通りです。

東浜-益田(JR山陰本線)
鳥取-那岐(JR因美線)
伯耆大山-上石見(JR伯備線)
米子-境港(JR境線)
宍道-油木(JR木次線)
江津-伊賀和志(JR三江線)

2. 「ゆき」と「かえり」でそれぞれ「新幹線・伯備線」ルートと「智頭急行線」ルートのどちらかを選ぶ

このきっぷの少しややこしいところですが、「ゆき」と「かえり」でルートを変えなければなりません。具体的には、「新幹線・伯備線」ルートと「智頭急行線」のどちらのルートを往路と復路で変える必要があります。どちらを「ゆき」「かえり」にするかは、きっぷ購入時に選択します。「ゆき」と「かえり」で同一のルートを利用することはできません。

また、各ルートで利用可能な新幹線や特急列車が以下のように指定されています。

▽「新幹線・伯備線」ルート
・発駅-岡山駅:新幹線の指定席(京都発の場合は新幹線が利用できるのは新大阪駅から)
・岡山-自由周遊区間:特急「やくも」の指定席

▽「智頭急行線」ルート
・発駅-新大阪駅:新幹線の指定席(京都発の場合は新幹線が利用できるのは新大阪駅から)
・新大阪駅-自由周遊区間:特急「スーパーはくと」の指定席
(発駅が新大阪駅以西の場合は、そこからスーパーはくとの指定席)

3. 申し込みは2名以上から
山陰めぐりパスの申し込みは「2名以上による同一行程の旅行」という条件が付いています。1名での利用はできません。

その他の特徴は以下の通りです。

・有効期間は連続する4日間(JR東海発は7日間)
・出発日前日までの購入が必要

■山陰めぐりパスの発売期間・利用期間

▽発売期間
2012年9月1日(土)-2012年12月27日(木)

▽利用期間
2012年10月1日(月)-2012年12月31日(月)

■山陰めぐりパスの価格

出発地 価格
名古屋 20,000円
浜松 22,000円
静岡 24,000円
京都 10,500円
大阪 10,000円
神姫ゾーン 9,500円

価格はかなり安いので、複数で出雲方面にでかける女子旅などに使えそうですね。1人利用ができないので、鉄道ファンの一人旅の方は残念です。

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。