--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成田空港にLCC専用国内線施設オープン!ジェットスターが主に使用

2012年09月16日 10:53

 広告


成田空港で、格安航空会社(LCC)用の暫定施設の整備が進んでいます。9月12日には第2旅客ターミナル南側に「南側国内線施設」(延べ床面積約4000千平方メートル)がオープン。10月には同北側にも「北側国内線施設」(同約3200平方メートル)が完成する予定です。これらは、LCC専用ターミナルが完成する2014年度までの使用予定。そのため、徹底して建設コストを削減した建物となりました。

9月12日にオープンした施設は、2階建て鉄骨造で延べ床面積約4000千平方メートル。おもにジェットスター・ジャパンが使用します。

2階のチェックインエリア(約870平方メートル)にはカウンター12ブースが設置され、チェックイン受け付けのパソコンは10台に、自動チェックイン機も21日以降に12台に増えます。手続きの順番待ちの時間が減るでしょう。

この施設は、コストダウンにも取り組んでいます。チェックインエリアの天井はむき出しで、天窓を設けて自然光を採り入れるなどして省エネ化。トイレの便座もふたと温水洗浄がないタイプを採用されています。10月オープン予定の北側国内線施設も同様にシンプルな構造になる予定。

シンプルな施設とはいえ、これまでの暫定施設よりはかなり改善する様子。LCCがもっと利用しやすくなるように期待したいですね。

LCC(格安航空会社)を使いこなす99の情報

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。