--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーチ航空が冬ダイヤの時刻表を発表。2013年2月までに国内線を5割増便、1日34便体制に

2012年08月22日 07:46

 広告


格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションが10月28日以降の冬ダイヤの時刻表を発表しました。冬ダイヤでは、国内線の便数を2013年2月までに現在の1.5倍の1日あたり34便に増やします。増便されるのは、関西国際空港と札幌や福岡、鹿児島などを結ぶ路線です。

ピーチ航空は、現在、関西空港を拠点に札幌、福岡、長崎、鹿児島の国内4路線22便を運航しています。12月には札幌線と鹿児島線を2便ずつ増やしてそれぞれ10便、6便にします。福岡線は2013年2月に2便増の8便にします。今年10月から4便で運航する関空―那覇線も13年2月に6便に増やします。

国際線では6便の関空―ソウル線、2便の香港線に続き、10月からは台北線を2便運航を開始。これを、12月には4便に増やします。このほか、関空と中国本土を結ぶ路線の開設も検討しています。

ピーチ航空の保有機材は、現在4機。これを2013年夏までに10機に増やす計画です。新たな機材が届くたびに増便や路線開設に充てていきますので、今後も増便は続きそうです。

得する格安航空旅行 LCCの使いかた

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。