--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差線が廃止へ!2014年春にも? 北海道新幹線の開業より1年前に姿を消す。

2012年08月08日 14:23

 広告


JR北海道の江差線が、ついに廃止に向けて動き出したようです。これは、2012年8月8日付北海道新聞が報じたもので、その後各紙が後追いで報じています。

江差線は、五稜郭-江差を結ぶ路線。このうち五稜郭ー木古内間は、実質的に津軽海峡線の一部になっており、事実上の幹線区間です。2015年度に北海道新幹線の新青森ー新函館間が開業すると、「幹線」である五稜郭ー木古内間については第三セクターに移管されることが決まっています。

今回廃止が報じられたのは、末端部分の木古内-江差間(42.1キロ)です。この区間は盲腸区間のローカル線で、2011年度の1キロ当たりの1日平均利用者数は41人。同社の路線で最低で、日本屈指の過疎区間とされています。

そのため、五稜郭-木古内が第三セクターに移管されると同時に廃止される、というのは予想されたことですが、それが1年も前倒しされるようです。

廃止区間について、JR北海道はバス路線への転換を想定しており、木古内町など沿線3町と協議を進めるとのことです。地元は反対するでしょうが、絶対的な利用者数の少なさを考えると、最終的には受け入れざるをえないと思われます。

ということで、まだ乗っていない方はお早めに。北海道の原生林を貫く、景観の素晴らしい区間ですのでお勧めです。

北海道ローカル列車の旅

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。