--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年「夏の関西1デイパス」は3500円に値上げ。チケット増加で水上バスも乗れますが…

2012年07月08日 09:16

 広告


JR西日本の「夏の関西1デイパス」が、2012年夏も発売です。3500円で大阪近郊のJR線が全線乗り放題、さらに特定の私鉄も組み合わせて乗ることができる切符です。今年の夏は内容が少し変わり、近鉄での生駒山訪問と組み合わせることができるようになったほか、乗り放題に大阪水上バスが追加されました。そして価格は2012年春バージョンと比べると600円の値上げです。

若干わかりにくい切符ですが、簡単に説明すると、JR西日本の大阪近郊エリアの乗り放題+「鞍馬・祇園チケット」、「高野山チケット」、「生駒山上チケット」のどれかを組み合わせて購入する。「鞍馬・祇園チケット」は京阪の一部区間と叡山電車が乗り放題、「高野山チケット」は南海の高野山往復と高野山エリアのバス乗り放題、「生駒山上チケット」は近鉄の生駒往復と生駒山上遊園地の乗り物割引券が含まれています。

内容からして、鉄道ファン向けのきっぷではなく、関西の郊外に在住する人が、鞍馬、高野山、生駒山へ観光するのに使うのに便利なきっぷです。JR乗り放題は、観光エリアまでのアクセスのためのものと考えるといいでしょう。また、水上バス乗り放題は生駒山チケットのおまけみたいな感じでしょうか。鞍馬と大阪市内の水上バスを同じ日に乗るって、あんまり考えにくいですし。

このきっぷは特急にも乗れるのがポイントです。ただ、エリア内で特急が有効活用できそうなのは、敦賀~大阪くらいです。この時期は青春18きっぷも使えますので、自分にとってどれがお得かを考えて使うと良いでしょう。2900円の場合は、たとえば敦賀から京都へ往復するだけで元が取れたのですが、3500円に値上がりしたことで、単純往復だけでは元が取りにくい切符になりました。

概要は以下の通りです。

きっぷの名称
「夏の関西1デイパス」

夏の関西1デイパス(2012年版)の内容

夏の関西1デイパス(2012年版)は、以下の3つの内容がセットになっています。

1. 「JR自由周遊区間」が1日乗り放題
JR自由周遊区間内の普通・快速列車の普通車自由席が1日乗り放題です。特急券を購入すれば、特急列車(新幹線を除く)にも乗車できます。JR自由周遊区間(フリーエリア)は、大阪・兵庫・京都を中心とする近畿地方をカバーしています。
夏の関西1デイパス
2. 大阪水上バス「アクアライナー」「水都号アクアmini」が1日乗り放題
大阪水上バスは大阪城周辺や道頓堀など、市内の観光名所に沿って川を周遊する水上バスです。今夏版からフリー区間に含まれて乗船できるようになりました。

3. 3種類のチケットいずれかと引換可能
以下のいずれか一つのチケットと引換可能です。

京阪電車の「鞍馬・祇園チケット」
南海電鉄の「高野山チケット」
近鉄電車の「生駒山上チケット」

各チケットには、各私鉄の往復乗車券と、指定区間の乗り放題が含まれています。

3種類の引換チケットについて

2012年夏版から、引換可能なチケットが2種類から3種類に増えました。各チケットの内容は以下の通りです。

○鞍馬・祇園チケット
京阪電車:京橋駅または東福寺駅~祇園四条駅間の往復と祇園四条駅~出町柳駅間が1日乗り放題
叡山電車:全線が1日乗り放題
京都の鞍馬・祇園方面の観光するためのチケットです。でも、京都市内の地下鉄がついてないので、市内観光には向きません。「祇園」とありますが、祇園祭には向いてないですね。鞍馬に行って、帰りに祇園界隈で食事して帰るには向いています。

○高野山チケット

南海電鉄:新今宮駅~高野山駅間の往復乗車券
南海りんかんバス:高野山内1日乗り放題(立里線と高野・龍神線を除く)
関西の他エリアから、大阪を経由して高野山方面を観光するためのチケットです。大阪市内から高野山にいくだけなら、南海の「高野山・世界遺産きっぷ」(2780円)のほうがお得です。

○生駒山上チケット

近鉄:鶴橋駅または京都駅~生駒間の往復乗車券
生駒ケーブル:鳥居前駅~生駒山上駅間の往復乗車券
生駒山上遊園地「のりものフリーパス」200円割引券
大阪・京都方面から生駒方面を観光するためのチケットです。

夏の関西1デイパス(2012年版)の発売期間・利用期間
発売期間
2012年7月12日(木)~ 2012年9月2日(日)

利用期間
2012年7月14日(土)~ 2012年9月2日(日)

夏の関西1デイパス(2012年版)の価格

おとな:3,500円
こども:1,800円

トクトクきっぷ完全攻略


広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。