--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェットスターの始発にあわせて、東京都心から成田空港への深夜バスが運行へ。成田のLCCターミナルはなんと午前3時半オープン。

2012年06月21日 22:09

 広告


ジェットスター・ジャパンの早朝便の対応で、成田空港はなんと午前3時30分のオープンとなることがわかりました。

ジェットスターは7月9日に成田に初就航しますが、始発便はなんと午前6時の関西空港行き。その後も、6時から6時半頃にかけて、各地へフライトがあります。8月就航予定のエアアジア・ジャパンも午前7時発の早朝便が設定されています。これらに対応して、なんと早朝3時半から成田空港の第2旅客ターミナルが開くというのです。驚きました。

成田空港会社では、LCC専用ターミナルの建設を進めていますが、それが完成するまでは、第2ターミナル2ヶ所に暫定国内線施設を増築して対応する予定とされています。この増築が一応完成するのは秋ですが、その前に、7、8月はその一部を早期運用するそうです。ジェットスターは南側の暫定施設を、エアアジアは北側の暫定施設を利用します。

第2旅客ターミナルはこれまでは6時からの開館でした。これを、ジェットスター側の1階南側を7月9日から午前3時30分オープンに変更します。エアアジアが出発カウンターを設置する1階北側は8月1日から午前4時30分開館に変更します。

格安エアライン利用ガイド

これにあわせて、1階南側のコーヒースタンド「ライブコーヒー」と、国内線ビル2階の手荷物検査後のエリアにある「BLUE SKY」も午前5時から営業を開始します。1階北側では物販店「まきば」が午前5時から営業を開始します。秋以降には手荷物検査後のエリアにも店がオープンする予定です。

注目の早朝の交通機関については、東京都心と成田空港を結ぶ高速バスの運行を各バス会社が現在計画中とのこと。わかっている範囲では、京成バスでは7月3日のジェットスター初便就航開始に合わせてバス路線を開設する計画です。

バスのダイヤなどは未定ですが、終電にあわせて東京駅付近を出発し、ターミナルがオープンする早朝3時半には空港に着く、という利用を想定している様子。東京駅を午前1時半に出て、まっすぐ高速を使うと早く着きすぎるので、高速道路はあまり使わない、ということでしょうか。

広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。