--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東北フリー乗車券」が2012年夏に初登場!東北エリアのフリー5区間で乗り放題の格安チケット。新幹線も利用可!

2012年06月06日 10:32

 広告


「東北フリー乗車券」という新しいフリー切符がJR東日本で登場しました。

これは、首都圏から東北への往復運賃を平均で約30%割り引くフリーきっぷ。東北復興キャンペーンの一環で、7月21日〜8月29日(8月11〜20日を除く)のうちの5日間が乗り放題になります。しかも、小学生以下は一律1000円という大盤振る舞い。お子さんのいる家庭は東北へGO!ですね。発売は6月21日からです。

行き先エリアは5つ。秋田・青森▽岩手・三陸▽宮城・山形▽福島・磐越▽庄内の5エリアです。乗車券の割引率は大人が46〜17%、子供は88〜79%となります。対象は快速を含む普通車自由席で、特急料金を払えば新幹線も利用できます。

例として、大人2人と小学生の子供2人の家族が東京駅から東北新幹線「はやぶさ」で盛岡駅経由で山田線の宮古駅まで旅行した場合、通常より2万9000円安い計6万680円になります。

■「東北フリー乗車券」を利用した新幹線料金例(大人、往復・特急料金込み)
東京発着 普通料金  割引後の料金
新青森 3万760円  2万4400円
仙 台 2万1180円 1万8220円
福 島 1万7400円 1万5760円

また、発駅は東京電車特定区間となっています。これは地味な改善ポイントですね。発売は7日前までですので要注意。年末に発売されている「ふるさと行きの乗車券」と似ています。

魅惑の東北ローカル線・乗車&撮影ガイド

以下、概要です。

○商 品 名:「東北フリー乗車券」

○利用期間:2012 年7 月21 日~2012 年8 月29 日(8 月11 日~20 日を除く)

○発売期間:2012 年6 月21 日~2012 年8 月18 日
※利用開始日の1ヶ月前から7日前まで発売です。

○有効期間:5日間

○取扱箇所:JR東日本の首都圏のみどりの窓口設置駅、びゅうプラザ、提携販売センター及び主な旅行会社

○切符内容:発駅からフリーエリアまでの往復は、JR線及び指定会社線の普通列車(快速含む)の普通車自由席が利用できます。また、フリーエリア内では、JR線及び指定会社線の普通列車(快速含む)の普通車自由席が乗り降り自由です。別に特急券等を購入すれば新幹線等も利用できます。

○設定区間・価格
東京電車特定区間発
秋田・青森エリア 11,400 円
岩手・三陸エリア 10,300 円
宮城・山形エリア 8,600 円
福島・磐越エリア 7,600 円
庄内エリア 8,600 円
(こどもはいずれも一律1,000 円)

東北フリー乗車券秋田青森エリア 東北フリー乗車券宮城山形エリア 東北フリー乗車券岩手三陸エリア 東北フリー乗車券福島磐梯エリア 東北フリー乗車券庄内エリア


●各フリーエリアまで(から)の経路は以下の通りです。
【秋田・青森エリア】
東北本線(東北新幹線を含む)。奥羽本線、北上線、田沢湖線、IGRいわて銀河鉄道線、青い森鉄道線も利用可。「あけぼの号」を利用する場合に限り、高崎線・上越線・信越本線・羽越本線経由でも利用可。
【岩手・三陸エリア】
東北本線(東北新幹線を含む)。
【宮城・山形エリア】
東北本線(東北新幹線を含む)、または東北本線・奥羽本線(山形新幹線を含む)経由。
【福島・磐越エリア】
東北本線(東北新幹線を含む)、常磐線または常磐線・水郡線経由。
【庄内エリア】
高崎線・上越線(上越新幹線を含む)・羽越本線。
・「秋田・青森エリア」など、複数の経路を利用できる場合は、往路・復路で別々の経路でもご利用になれます。
・有効期間開始日の変更は1回に限り可能。ただし、発売期間内(利用開始日の1ヶ月前から7日前まで)の取扱いのみ。
・発駅(着駅)~フリーエリア間では途中下車不可。
・各種割引(えきねっと割引、株主優待割引券を除く)を利用した料金券との併用は不可。

ヴィジュアルガイド 鉄道の旅 東北


広告



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。