「北海道一周号」は7月1日に運行。4日間4列車で北海道をぐるり。車両は14系。

2012年03月27日 09:15

 広告


JR北海道が夏に運行するとウワサされてきた臨時列車「北海道一周号」の概要が明らかになりました。「ニセコ」「狩勝」「大雪」「エルム」と懐かしい名前がならびます。伝統的な急行つながりでいくなら、最後は「エルム」でなく「すずらん」のほうがいいような気もしますが、特急格上げで列車名が現存するので、「エルム」になったのでしょうね。

運行は7月1日。使用車両は14系座席車と14系・24系寝台車。

ルートは以下の通りです。

7月1日
函館--函館駅--<急行・北海道一周「ニセコ号」/函館本線経由>--長万部駅--蘭越駅--ニセコ駅--倶知安駅--小樽駅--札幌駅【所要8時間】

7月2日
札幌--札幌駅--<急行・北海道一周「狩勝号」/函館・根室本線経由>--滝川駅--富良野駅--新得駅--帯広駅--釧路駅【所要8時間半】

7月3日
釧路--釧路駅--<急行・北海道一周「大雪号」/釧網・石北・函館本線経由>--知床斜里駅--網走駅--北見駅--遠軽駅--上川駅--旭川駅--滝川駅--岩見沢駅--札幌駅【所要13時間】

7月4日
札幌--札幌駅--<急行・北海道一周「エルム号」/室蘭・函館本線経由>--苫小牧駅--登別駅--東室蘭駅--洞爺駅--長万部駅--函館駅【所要5時間半】

寝台車にはリネン類はありません。夜行ではありませんので、寝台に乗れば昔の雰囲気を味わえる、というくらいの意味合いでしょう。

広告



関連記事