--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイバックの選び方

2011年01月16日 21:44

 広告


旅に便利なのがデイバックです。いろんな会社からさまざまなタイプがでていますが、どういう基準で選んだらいいのでしょうか。

■デイパックの基礎知識
デイバックは小旅行に適しています。といっても、日帰りと宿泊では持っていく荷物の量が違いますから、デイバックも使い分けます。日帰りなら16~20リッター程度の中型で、1泊するなら26~30リッターの大型がいいでしょう。

■デイパックのとっておき選び方
デイパックの購入時には、以下の点を気をつけましょう。

1 ショルダーベルトがしっかりしているか。
2 生地が十分に厚いか
3 縫製がしっかりしているか。
4 デイバックの背面と背中の長さがあっているか。
5 肩ベルトの位置調整ができるか。
6 腰ベルトがついているか。
7 背面にフレームが入っているか。
8 外部にファスナーのポケットが一つあると便利。
9 外部にメッシュのポケットがあるとペットボトルを入れやすい。


1~9のすべてを兼ね備えている必要はありません。ただし、1~3は必須です。最近は中国など外国製の安いデイバックがスーパーなどで売られていますが、重いものを入れて使い込むとすぐに縫製箇所から破れてきたりします。とくにカジュアルなスポーツ用具メーカーのものは要注意です。ブランド名はあげませんが、陸上や球技用品で有名なスポーツ用具メーカーが特に壊れやすいです。ですから、バックパックを得意とするメーカーのものを買いましょう。

4~9は、20リッターまでの中小型デイバックならば、あまり気にしなくていいでしょう。というか、20リッター以下で背面フレームのデイバックはかなり珍しいですね。

しかし、25リッター以上のデイバックならば、背面の位置調節ができることは大事ですし、背面フレームが入っている方が背負っていて楽です。なによりそのほうが頑丈です。腰ベルトは重い荷物を背負うときには必須です。このサイズになりますと、荷物の重量が7~8キロになってしまうこともありますから、高くてもしっかりした登山用品メーカーのものを買いましょう。

■おすすめデイパック
以上の選び方を確認したうえで、僕のおすすめを紹介しておきます。

中型デイバックでは、もっともベーシックなスタイルのOUTDOORの DAY PACK 4052EXPTはおすすめです。

410Dl.jpg

みなさん一度ならず目にしたことがあると思われるデイパックのベストセラーです。だいたい16リッター程度入りますので、日帰り旅行には好適です。僕もこれを愛用していて、古くなったので2代目です。

1~2泊程度の旅行向けの大型デイパックは、小型の登山用ザックを購入してデイバックとして使うといいでしょう。上述したように、この大きさになると、荷物が重くなりますので、背負い心地に配慮された登山用品メーカーのものを選びます

おすすめは、ミレーのKULA 30です。登山用バックパックで定評のあるフランスミレー(MILETT)社が作ったデイパックです。
41rZv6.jpg

もう少し小さいのがいい、というのなら、同じミレー社製でKOOTNEY 27 3083があります。

ミレーのザックも、僕の愛用です。しっかりした作りですし、ミレーを持っていると、ちょっと本格的な雰囲気がしますので(どう本格的なのかは不明ですが…)、気分もいいです。もちろん、軽登山にも使えます。

広告






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。