スカイマークのWEBバーゲン「980円チケット」「780円チケット」が3月から続々登場!必勝法とは?

2012年01月06日 21:45

 広告


ピーチPeach Aviationの250円チケットばかりが注目された2日間でしたが、ライバルのスカイマークでも激安のチケットの発売が次々と発表されています。

たとえば、今日1月6日に発表されたスカイマークの各種運賃では、2012年3月8日(木)~3月15 日(木)搭乗分について、980円の「WEBバーゲン」が設定されています。

980円チケットの設定は「成田-福岡線」「成田-神戸線」の2路線。この路線では、それ以外の割引運賃でも3800円~の設定となっていて、高速バス並みの値段です。

また、スカイマークは「関西-札幌(新千歳)」を3月25日に就航させる予定です。このときの「WEBバーゲン」は780円に設定されます。スカイマークの場合、預け手荷物や座席指定に別料金はかかりませんから、780円チケットでも、使い方によってはピーチの250円チケットよりも安い、といえます。こちらも争奪戦になるのは間違いありません。

スカイマークのチケットの発売は、搭乗日の2ヶ月前の同日の午前9時30分からです。980円チケットや780円チケットは開始数分でなくなります。ピーチと違って、サーバがダウンして買えない、ということはほとんどありませんので、数分で「売り切れ」表示になり、勝負はついてしまいます。

忘れてはならないのは、決済されて初めて席が確保される、というのがスカイマークの予約システムです。従って、予約確定の最終画面までいかないと、「勝利」とはならないのでご注意を。ピーチの予約システムは、予約確定前に一時的に確保される仕組みになっていたようですので、この点は異なります。

したがって、途中の操作をいかに早く進めるかがカギです。予行演習を兼ねて、一度スカイマークのチケット予約をしてみるのがよいと思います。必要なら、名前などの入力内容はコピペしておくといいでしょう。

広告



関連記事