--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スルッとKANSAI 3day チケット」季節限定版、2013年の発売期間と利用期間

2013年02月25日 23:10

 広告


「スルッとKANSAI 3day チケット」(季節限定版)の 2013年の発売予定が発表されました。これは、関西地区の私鉄やバスが任意の3日間乗り放題になるカードタイプの乗車券です。

スルッとKANSAI 3dayチケットには、関西地区で発売されている「季節限定版」と関西地区以外で発売されている「全国版」があります。ここで紹介する「季節限定版」は、予約の必要がなく、当日購入可、連続しない任意の3日間に利用できる、などというのが特徴です。沿線の寺社仏閣など観光施設などでの割引などを受けられる特典も付いています。

ご存じのとおり、スルッとKANSAIには、関西エリアの41の私鉄・バスが参加しています。「スルッとKANSAI 3day チケット」では、期間中の「好きな3日間」において、この全路線が乗り放題になります。JRを除く関西のほぼ全ての鉄道は乗り放題と考えて良いでしょう。また、「全国版」では利用日が連続している必要がありますので、好きな3日間利用できるという点は、「季節限定版」の大きなメリットです。

■発売期間・有効期間
春季
2013年3月15日(金)-2013年5月6日(月)

夏季
2013年7月12日(金)-2013年8月25日(日)

秋季
2013年10月25日(金)-2013年12月8日(日)

■価格(3日分)
大人:5,000円
小児:2,500円

1日あたりでは約1,667円です。この価格ですと、たとえば京都市内から大阪市内への1日1往復する程度では、元を取るのは困難です。普通に考えて「関西エリアで3日間で5000円分も鉄道に乗るか?」と思わないでもありません。

ただ、たとえば叡山ケーブルに乗れば、それだけで往復1,040円もかかりますし、難波から高野山を往復すれば2,460円です。3日に分けて使えるというメリットを考えると、期間中に3回、遠方に行楽に行くのであれば元は取れるでしょう。また、姫路や三木など兵庫西部から大阪へ行く、という用事が3回あるのなら、山陽電鉄や神戸電鉄を利用して安く行くこともできます。

ただ、正直なところ、観光目的と言うよりは、鉄道ファンが関西エリアの乗りつぶしに利用するのが正解のきっぷといえます。乗りつぶし目的ならば、これ1枚を3日間フル活用しても、関西の私鉄の完乗は難しいくらいですから、それで5,000円なら「神きっぷ」といえるかもしれません。

広告


関連記事
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。