--年--月--日 --:--

 広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユースホステル利用術 2014

2014年01月18日 08:48

 広告


ユースホステルの利用者は減少し続けているそうです。京都新聞によると、ピーク時の1970年代初めは63万人だったYH会員数が2009年は5万9千人に、利用者は340万人から47万人に、協会加盟施設も587軒から258軒に減ったそうです。

2011年3月には、有名な京都東山のユースホステルも閉館しました。東山は全国屈指の利用者数を誇った施設ですが、そこですら、最盛期の1991年には年間約4万人と全国でもトップクラスだった宿泊客数が、2009年は1万5千人にまで減ったそうです。

しかし、ユースホステルはまったく利用価値がなくなかったかというと、そうでもありません。1泊素泊まりなら3000円台であり、大都市ではまだまだ安価です。また、旅人同士で知り合いになれるというメリットもあります。ここでは、ユースホステルの利用術を紹介します。

ユースホステルの基礎知識
・利用には会員証が必要(年会費2500円)。ただし、ビジター料金を払えば非会員でも利用できる。
・ビジター料金は600円。
・宿泊料金は3000円程度。つまりビジターの素泊まりは3600円程度。
・朝夕食は別途料金。あわせて1300円程度。
・一部のユースホステルではシーツ代が別料金。200円程度。
・上記料金は相部屋(ドミトリー)。二段ベッドが多い。
・個室は素泊まり4500円程度(ビジター5000円程度)。
・ベッドメイクなど基本的にはすべてセルフサービス。
・予約は宿に直接電話で。楽天トラベルなどでも予約できる宿もある。

宿泊料金は各ユースホステルによって多少違いますが、それでも、かつてのような「安い」というイメージはありません。価格だけなら格安ビジネスホテルのほうが安いでしょう。

ユースホステルとっておき利用術
ユースホステルは、宿により格差がものすごいあります。どうしようもない「殿様商売」のような施設もありますが、なかには努力している所もあり、そういう宿は泊まる価値があります。

高知ユースホステル・酒の国共和国
酒の国共和国と銘打っていて、施設や食事に工夫を凝らしています。空いていれば、普通の料金で個室に泊まることもできます。そのへんの旅館よりよほどクオリティが高い宿で、筆者が泊まった中ではナンバーワンのユースホステルです。JR駅から歩けるのも便利。高知に泊まるならユースホステルです。

飛騨高山天照寺ユースホステル
寺に泊まれる宿坊ユースホステルとして有名。とくに外国人観光客に絶大な人気があります。和室の食堂からは庭が見えて、「日本だなあ」と情緒を感じられます。館内の清掃がゆきとどいていて、トイレもウォシュレットが設置。「寺に泊まる」という前近代的な経験を洗練された雰囲気で行うことができます。

宇多野ユースホステル
京都太秦にある公営ユースホステル。「世界でもっとも居心地のよいユースホステル」にも選ばれました。外国人利用者が多くて活気があり、そのため施設も整っています。1泊3300円で、会員・非会員同料金というのは公営ならでは。ツインルームもあります。京都駅からはバス利用で45分とちょっと不便なのが難点。

東京セントラルユースホステル
東京・飯田橋のユースホステル。東京都心で3000円台で泊まれる宿は貴重です。ここも外国人が非常に多い宿で、活気があります。

広告



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。